Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/76-514d3f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

理解する ということ

ひとりひとりの 人間は それぞれ
異なる環境 異なる条件の中で 生き
ひとりひとり 異なる 経験を積み重ねながら 生きています
たとえ 同じ親から生まれ 同じ家で育った きょうだいでも
彼らが 生まれ育った環境は まったく同じでは ありません

同じものを 見ても
ひとりひとりの 目には 違うものが 見えています

たとえば ここに
4つの 同じ キャンディが あるとします

でも それを 4人の子どもに あげたとき
4人にとって このキャンディが まったく同じキャンディである
ということは あり得ません

Aくんにとっては 毎日 必ずもらえる おやつに
1つ オマケが 加わった 程度のことに 過ぎず
「ありがとう」といって すぐに 食べてしまうか
ポケットに入れて 遊びにいって
そのまま 忘れてしまうかも しれません

Bくんは 肥満による 健康上の問題を 抱えていて
大好きな 甘いものを 我慢しなければならず
そのキャンディを もらってしまったことで
たいそう 苦しい思いを することに なるかも しれません

Cくんは おやつどころか
三度三度の ご飯すら
お腹いっぱい 食べたことが なくて
もらったキャンディを ときどき 取り出して見ては
「やっぱり まだ 食べるのはやめておこう」
と 特別な 宝物のように しまっておくかも しれません

Dくんは キャンディを もらった瞬間
家で待っている 可愛い 小さな 妹のことを 思い出し
このキャンディを 妹にあげたら どんなに 喜ぶだろう
と 顔を 輝かせるかも しれません

たった1個の キャンディですら
ひとによって その 意味は ぜんぜん 違うのです

Aくんが 「たかが キャンディ1個くらい」
と つぶやいたとき
Cくんには それは とても 傲慢なひとことに 聞こえるでしょう

キャンディ1個でも 大切に思う
自分の価値観を バカにされたように 感じ
侮辱されたように 感じるかも しれません

でも Aくんが 悪いわけでは ないのです
Aくんにとって キャンディ1個は
さほど 大きな意味を 持っていないのです

一方 うっかり キャンディを 地面に落として
泥だらけになっているのに
大事に ポケットにしまう Cくんを見て
Aくんは 「意地汚(きたな)い」 と 思うかも しれません

Cくんにとって キャンディが
どれほど 貴重なものであるか
Aくんには 理解 できないのです

あるいは
Bくんが 自分がキャンディを食べられない 悔しさに
Dくんの キャンディを 捨ててしまったら どうでしょう

Dくんは Bくんが キャンディを食べられないことで
どれだけ 苦しい思いをしているか 知りません
ただ 意地悪された としか 思わないでしょう

そして 自分だけでなく
そのキャンディをあげるはずだった 可愛い妹までも
Bくんの 心ない行為によって
被害を受けたように 感じ
Bくんを 憎むかも しれません


Aくんにも Bくんにも Cくんにも Dくんにも
自分以外の ほかの友だちが
キャンディ1個について どんな価値観をもっているか
わかりません

わからないのが 当たり前なのです

わからないから 理解する 努力を するしか ないのです


いっぺんに すべてのひとの 心が 理解できる
便利な 翻訳ボタンなんか ありません

そのひと の 気持ちになって
考えられるように なるまで
いろんな人の 生き様や 考え方を
ひとりひとり 知る 努力をするしか ないのです

そしてまた 関わる ひとごとに
自分を 理解してもらう 努力を
ひとりひとり 繰り返していくしか ないのです


それを わたしたちは 一生 続けていくのです

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/76-514d3f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。