Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみませんといってすみません

お礼を言う場面で「すみません」と謝るのはおかしい、「ありがとう」と感謝しましょう。

「つまらないものですが」と贈り物を卑下するのは相手にも失礼、もっと堂々とポジティブに。

こんなふうに言われると、何だか悲しい気持ちになる。「日本人はなぜこんなにネガティブな言葉を多用するのか」と外国の人が疑問に思うのならわかるが、当の日本人にまでそんなことを言われると、「ちょっと待ってよ」と反駁したくなる。

英語の "Thank you"は「わたしはあなたに感謝する」という謝意の表明だが、日本語の「すみません」は、自分が利益を受けるために相手に負担をかけたことの方に話し手の意識がある。どういう立場で発言するかが異なっているだけで、これも立派な感謝の言葉なのだ。

「つまらないものですが」だって、決して自分の贈り物を卑下しているわけではない。それが証拠に「ほんとうにつまらないもの持ってきたわね」なんて言われたら誰だってムッとする。

与える側はもちろん、自分の贈り物が「つまらないもの」だなんて思っていない。でも、「自分がいいと思うからといって、必ずしも相手が気に入るとは限らない」ということにまで配慮した、慎み深い表現なのだ。

「つまらないものですが」というのは、自分の功績や自分に属するものをことさらに誇ることをよしとしない日本人のたしなみであり、社交上の儀礼であり、コミュニケーションの形式である。形式だから、「たいへん結構なものを頂戴して」という受け手側の返礼と、必ずセットになっている。(だから「本当につまらないわね」と、たとえ思っても言ってはいけない。まあ、ふつう言わないだろうけど。)

もっとも、最近は「つまらないものですが」という言葉もあまり聞かなくなった。「○○ちゃん、これ好きかなと思って」「お気に召していただけるといいのですが」「ちょっと面白いと思ったものですから、先生にもお使いいただければと存じまして」などなど、アメリカ式のポジティブな贈り物アピールを、日本風のたしなみ深い表現に包んだ言い方を、上手に使いこなせる人が増えてきているのかもしれない。

とかく人は、1つの言葉だけを取り上げて善し悪しを論じたがるが、言葉はそれが使われる場面、文脈、使い方によって意味が変わる、幅広い可能性をもった道具だ。使う側も受け取る側も、お互いに思いやりをもって言葉を扱うように心がけることのほうが、特定の言葉を安易に悪者にしてしまうより、ずっと大切だと、わたしは思う。

注:ついでにいうと、「思う」は曖昧な言葉だからよくない、「考える」と言うべきだ、ともよく言われるが、わたしは「思う」という言葉は「考える」という概念を含んでいるので、問題ないと思っている。蛇足でした。


by たびたま

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。