Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都のごはんノート 3日目

●11月15日の昼ご飯
――東本願寺近くの「ゑび秀」さんにて



西本願寺から東本願寺の方向へ路地を歩いていて、昭和の匂いのする小さなお店を見つけた。外は風が冷たいけれど、いっぱい歩いて暖まった、というか、暑いので、やっぱりきょうも冷たい蕎麦をいただく。

「ゑび秀」さんは、お母さんと娘さんと従姉妹さんと、女ばかり身内ばかりでやっているというお店。ここから歩いて行けるところでお勧めの綺麗なところは?と聞いたら、すぐ近くの「渉成園」を教えてくれた。東本願寺の飛び地境内地(別邸)だから「信徒さんやないと入れへんのやない?」、「いや最近はそんなことないと思うで」と親身に考えてくれたうえ、店の外まで出て、親切に道を教えてくれた。柔らかで控えめでなおかつ気さくで、京都で出会う女性は本当に素敵なひとばかりだ。


●11月15日の夕ご飯
――駅弁「祇園」





京都の食べ物は、だいたい味つけが優しいので、私は好きだ(ラーメンだけがなぜあんなにギトギトなのかよくわからないけど)。駅弁のおかずも薄味の具合がちょうどいい。買ってから気がついたが、前回京都駅で乗り換えをしたときにも、このお弁当を買った気がする。食の好みって、やっぱり決まっているものなんだな。


おおきに、ご馳走さんどした。 by たびたま

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。