Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺られ揺られて…なぜ着かない?

8月25日 木曜日 (5)
あの気持ちのいい丘の上にいつまでもいつまでもいたかったけれど、先を急ぐ旅でござんす。現在午後1時13分。
先を急ぐ

●お昼休み
午後2時ごろ、ようやくお昼ご飯休憩。

景色はいいけど、さっきの丘の上とは全然違って、すごく暑い。せっかくなら、あそこの涼しい丘の上でお昼食べたかったねー、と言い合う。
湖が見える


●車たち
ジャーン、これが我々の乗ってきた3台の車たちです。右側の車の脇にドライバーさんたちが2人しゃがんでいるのは、ガソリンを飲ませているところ。車もお昼ご飯休憩中。
3台の車たち

ちなみに、フロントガラスにひびが入ってるのは真ん中のベージュの車。優しいドライバーさんの車は、左側のグレイの車(たぶん)。

それにしても、どこまでもこんな風景が広がっている。これでも、モンゴルのほんの端っこ。本当に広い国なんだなあ。
広い国


●また走る。とにかく走る
草原を走って、山道を走って、草原を走って、また山道を走って…。さすがに写真を撮る気力もなくなってきた。

ホテルを出たのが朝6時半過ぎだった。「車で5時間、休憩を入れて6時間」という最初の説明どおりなら、お昼過ぎにはもうオラーンゴムに着いていてもいいはずだ。でも、いっこうにそんな様子がない。いったいいつになったら着くんだろう? 

まあ、最悪到着が夕方になってしまっても、夕暮れどきのウブス湖というのもまた美しいかもしれないけど。

…と、あくまでも楽天的に、私は考えていたのだけれど。


●OTキャンプ
時間は、午後4時を過ぎている。日差しもだんだん傾いてきた。ここはいったいどのあたり? あとどのくらいで着くの?
山

「OTキャンプ」と書かれた看板のあるところに来た。
OTキャンプ

地図がある。私たちは、今どのへんにいるのだろう。
地図

バヤン・ウルギーが出発点、行き先がオラーンゴム、で、ウブス湖にも寄ってみよう、という話なんだけど。

えっ。
まだこんなところ

え、まだこんなところ? 10時間近く走っているのに、どういうこと?

愕然とする一同。

ドライバーさんたちとガイドのゾルさんと同行スタッフが、これからの道程について話し合っている。
「あと2時間くらい…」
とだれかが言うのが聞こえた。

10時間かかってようやくこのあたりなのに、あとたった2時間で、本当にオラーンゴムに着くのかしら?

まあ、2時間で着くんなら、夕暮れのウブス湖には間に合うかな?
――と、まだまだのんきな私でした。


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


まだまだ走るよ。 by たびたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。