Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バヤン・ウルギーADP~ゲルのドレスメイカー

8月23日 火曜日 (11)

カザフ族のゲルは屋根が高くて広い。ウランバートルでお邪魔したゲルと比べてみると、違いがよくわかる。モンゴルのゲルの特徴的な2本の柱が、カザフ族のゲルにはない。
皆さん、お顔を隠してごめんなさい。

ゲルの中は、壁も家具も、カザフの伝統的な文様の装飾が施されている。
カザフの文様

ゲルの壁に展示されているのは、この家の奥さんの手作りの衣装。自分でデザインした服を作って生計を立てているのだという。
奥様の作品

これがその奥さん。きっと今着ている青いドレスも手作りに違いない。
ゲルの奥さん

縫製を行っている作業場は別にあるという。ゲルを出て、作業場を見学させてもらった。停電中で手元の暗い中、女性スタッフ2名がせっせとミシンを動かしている。手前に見える雑誌は、けっこう古いものに見えるが、奥様によれば「こういう雑誌を見ていいなと思うデザインの服を、真似して作っている」のだとか。
ネタ本

今2人が縫っているのは、こういうクッションだ。
クッション制作中

こちらも雑誌を真似してつくった服らしい。お見事。
ネタ本と作品

これで、本日のオフィシャルな予定は終了。


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


どんどん続きます。 by たびたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。