Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走らないトロリーバス、街なかの廃墟

8月22日 月曜日 (8)

さて、のんびりしてる暇はない。次はワールド・ビジョンの支援を受けて英語教室に通っている子どもたちの学習の様子を見に行くのだ。

ここは競技場だろうか? モンゴル相撲の垂れ幕がかかっている。
モンゴル相撲

ウランバートルに着いた日から気になっていたのが、電車のようなバスのようなこの車。「トロリーバス」といって、上の架線から電気を引いて、その電力で走るバスだ。やたらと長い電線が垂れ下がっている。無人のトロリーバスがずらりと連なって停まっていると思ったら、「電力不足で、いま動いてません」とのこと。
トロリーバス

こんな風景は日本と変わらない。お花見だろうか、それとも草取り作業の休憩中? 道路と道路に挟まれたお花畑。
お花畑

こういうとこッス。
お花畑

ここにもまた廃墟のような建物が。人がたくさん住んでいる街なかにこういうお化け屋敷みたいなのがほったらかしになっているというのは、どうも不気味だ。
何?


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


どんどん続きます。 by たびたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。