Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を悩ませる目下の問題

8月22日 月曜日 (1)

一昨日も昨夜も普段寝る時間より2、3時間も遅かったのに、今朝もかっきり日本時間で目が覚めてしまった(ウランバートル時間04時半)。
部屋からの眺め

それは私が年寄りだからではなく、ウルギーに持って行く荷物と、そのあいだホテルで預かってもらう荷物の両方を、遺漏なく荷造りしなければならないからだ。

夜洗濯をして寝ている間に乾かしているので、起きてからでないと片付けができない。いきおい、朝早く起きてやらざるを得ないのだ。今夜もたぶん帰りは遅くなるだろう。今のうちにできるだけ整理しておかなければ。

フラワーホテルで預かってもらうバッグには、手洗いしたくない洗濯ものや、帰ってきて一泊してからそのまま着替えて帰国できるように、清潔な着替えを一式入れてある。そこに、きのうノミンデパートで買ってきたお土産を詰めようとして、大変なことに気づいてしまった。

珍しくてつい買い込んじゃったロシア製のインスタントラーメンを、どうするか。

海外旅行のお土産にインスタントラーメンを買うのはおすすめしません。カップ入りは破損の危険があるし、袋入りはつぶれた拍子に袋が破けてぼろぼろに砕けた中身が散乱する恐れがある。そのくらいのこと、買う前になぜ思いつかなかったか。馬鹿か。

いっそのこと、インスタントラーメンはスーツケースに入れることにして、そっちをホテルに預けていくか。そうすればラーメンの袋がつぶれて破けて、洗濯物が乾燥麺の残骸だらけになる心配はなくなる。

しかしそうなると、せっかく日本から苦労して持ってきたチャイルドへのプレゼントをどうやって運ぶかが問題だ。リュックに入れるにはかさばりすぎて無理だし、そもそも機内持込制限は5kg。貴重品を含め手回り品だけで、リュックやベルトバッグの重さも含めて4kg近くある。持ち込むのは無理だ。

だからといって、普通のやわなナイロンバッグなんかに入れて航空会社に預けて、ほかのスーツケースやなんかに押しつぶされて、チャイルドへのプレゼントが無残な姿になってしまったら、それこそ元も子もないではないか。

いやいやだめだ、やはりウルギーにはスーツケースで行かなきゃ。よし、そんならインスタントラーメンを別の袋に入れるか、そしてそれを洗濯物のバッグに縛りつけて…と、本末転倒な枝葉末節の問題に私が頭を痛めているあいだに、ウランバートルの街には朝の光が射し始めるのだった。


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


どんどん続きます。 by たびたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。