Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイラアストADP~縫製工場

8月21日 日曜日 (6)

バスに乗って、縫製工場にやってきた。工場というより、「工房」かな?
ここ

モンゴルの民族衣装であるデールや、小物類をつくっているところだ。
中の様子

伝統的なデールから現代風にアレンジしたものまで、デザインは様々。
デールや小物類

このボートみたいな格好のものは、ベッドまわりのものを入れて積んでおく袋らしい。お父さんにはお父さんの袋、お母さんにはお母さんの袋というふうに、1人1つずつ使うのだそう。お針子さんが手縫いで伝統の刺繍をほどこしている。
寝具袋

子ども用のニット。モンゴルといえばウールだ。靴下をお土産に求める人もいた。
子ども服

いつもこういう配置で仕事しているのだろうか? 部屋の隅にテーブルを一直線に置いて、並んで縫製作業をしている。
並んで

懐かしい形のミシンだが、普通にテーブルの上に載ってるということは、電動ミシンなのだろうか。作品にばかり気を取られて…作業の様子をもっとよく見ておけばよかった。
ミシン


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


どんどん続きます。 by たびたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。