Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月20日(土)のごはんノート

●朝ご飯
(成田空港第1ターミナル4Fのレストランで)
朝ご飯※食べる前に撮影し忘れたので、メニューの写真で失礼。

●おやつ
モンゴルへ向かう空の上 (MIATモンゴル航空のスナックサービス)
軽食


●昼ご飯
モンゴルへ向かう空の上 (MIATモンゴル航空の機内食)
機内食


●夕ご飯
ウランバートル (フラワーホテルにて) in モンゴル
ワールド・ビジョンはキリスト教の団体ですから、食事の前にはお祈りをします、とかねて言われていたとおり、同行スタッフのI嬢が祈りの言葉を言うあいだ、みんな瞑目してしばし沈黙。それが終わると、さて、いよいよモンゴル料理と対決、まずは牛が出るか羊が出るか――と思っていたら、今夜のメニューは回転テーブルで中華なのだった。
もやしの和え物 甘~い豚肉 酢豚…ではなく酢鶏

思っていたよりも料理に野菜がたくさん入っていて、お肉もチキンが多くて助かった。でも参加者の中にはほとんどベジタリアンに近い人もいるようだ。野菜も使ってあるとはいえ、やはりモンゴルは肉料理が主体のようだから、ちょっとつらいかも。

丸っこい器に丸っこく盛られた(というより、「詰め込まれた」)白いご飯は、固くてぼそぼそしている。日ごろお米にこだわり、美味しいご飯を食べることを楽しみにしている人には(モンゴルまで来てそんなこと期待してないでしょうが)、ちょっと寂しいかもしれない(この日のテーブルでも「ご飯は美味しくないわね」と言う声が聞こえた)。

私はもともと噛み応えのある穀粒が好きな方で、毎日のご飯にもわざわざ古代米や雑穀を炊き込んでいるくらいだから、少々固いご飯でも全然構わない。それより、中華だからといって炒飯とかではなく、普通の白いご飯を出していただいたのが有り難かった。例のしょっぱい麻婆豆腐のソースを絡めて完食。


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


ごちそうさまでした! by たびたま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。