Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備編(5) モンゴル語の勉強

縦書きのモンゴル文字というのもあるが、現在、日常のモンゴル語はキリル文字で書かれている。ロシア語の文字と同じもののようだが、厳密には同義ではないらしく、なわばり(?)の違いは私にはよくわからない。

とにかく、キリル文字というのは、英語のアルファベットと見た目は同じなのに読み方が全然違っていたり、よく似ているけど裏返しになっていたり、ヒゲみたいな飾りがついていたり、たまに2ちゃんの絵文字で見かける文字((,,・д・)←コレ)なんかもあって、私にはちんぷんかんぷん。

とりあえず、「風の旅行社」さんからもらった「指さし会話帳」とか「地球の歩き方」とかWikipediaとか、その他「モンゴル語」で検索してひっかかったありとあらゆるページを参考にしながら、100均で買ったミニメモ帳を使って、マイ単語帳をつくっていくことにした。あれこれ資料を持ち歩く余裕はないし、必要なことだけ、さっとポケットから取り出して見られる方が便利だから。

これがその単語帳。モンゴル語ができる人が見れば間違っているところがあると思うが、まあ、多少は間違っていても、文字の読み方だけでも勉強しておけば「ちんぷんかんぷん」のレベルよりは少しましになるし、訪問国の基本的な挨拶を覚えていく(少なくともその努力をする)のは、その国の人に対する礼儀だと思う。

モンゴル語のキリル文字
モンゴル語のあいさつ

本当はカザフ語の挨拶をいろいろ勉強してベナラとじかに会話したいのだけど、どうもマイナーな言語らしく、勉強に役立ちそうな資料が見つからない。ウルギーへ行ってから現地の人に教えてもらうしかなさそうだ。


「モンゴルを知る旅」 記事一覧 に戻る



※ワールド・ビジョン「モンゴルを知る旅」のツアー報告とスライドショーは、ワールド・ビジョン・ジャパン の こちらのページで見られます。


お時間ありがとう by たびたま



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。