Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い置き食材について考える

先月から今月にかけて何かと物入りだったせいもあるのですが、台所の片づけも兼ねて、なるべく買い物をせず、買い置きの保存食材や乾物類を重点的に使って料理するようにしています。

夕ご飯


けんちん汁はフリーズドライのインスタントスープです。もう何か月も前、ショッピングサイトを見ていたらすごくおいしそうに見えて、「ちょっと汁物が欲しいときのために」と、いろんな味の和風スープの詰合せセットを衝動買いしてしまったもの。でも結局、自分で汁物をつくった方が食材処理の点でも都合がいいし美味しいので、ほとんど減っていません。フリーズドライでも食品は食品ですから、時間がたつにつれ味もどんどん落ちます。早く食べて処分しなくては…。もうインスタントスープは買わないぞ、と心に刻みつつ。

高菜炒めは、もう何年も前に母が漬けたのを大事に冷凍してある、「二度と作れない」貴重な古漬けを使ったもの。「生きてるうちに形見分け」みたいな感覚で、粗末にできません。でも、冷凍庫に思い出のミイラとして永久保存されるのは高菜も不本意でしょうから、いいかげん全部食べてしまうつもりです。廃棄は論外。賞味期限が切れたものは問答無用で捨てるという几帳面な人には信じられないでしょうが、まだ十分美味しく食べられます。

五目豆には、基本的に大豆、海藻(ひじきのこともありますが、写真のは昆布)、人参、蒟蒻、干し椎茸を入れます。豆類と干し椎茸は、専門店のネットショップで1年分まとめ買いしたもの。昆布はすべていただきものです。

こういった乾物類は、もともと保存用の食品ですし、日常的にどんどん使っているので問題ないのですが、こうしてなるべく買い置きの食材だけを食べて生活するようにしていると、「あれ? これ、常に買い置きしている割には、めったに使っていないなあ」と改めて気づく買い置き食材があります。

「あー! これを買っておいてよかった! 助かった~!」
と思った過去の成功経験や、
「あー、しまった! アレが切れているから、○○が作れない!」
と思った過去の失敗経験から、
「どんな状況でも、すぐに、何かしらの料理が用意できるようにしておかなければ」
という思い込みに縛られて、買っておかないと不安であるというだけの理由で買い置きしているものが、意外に多いのではないか。

たとえばツナ缶です。缶詰は腐るものではないし、肉や魚などがないときに少しばかり気の利いたものを簡単に作れるから、買っておくと安心します。でも、考えてみれば、私はツナそのものをめったに食べません。お刺身やお寿司のまぐろも、ツナマヨおにぎりもツナサンドイッチも、さほど好きではありません。だから、ツナ缶を買っておいても使う機会がないのです。めったに使わないから、なくなる心配がない。ツナ缶は私にとって、「何かのときのために」保管しておく食品の代表です。

それから、トマト缶です。以前、トマトを使った煮込み料理をほんとうによく作っていて、思いついたらすぐ作りたいので常に常備していたのですが、そのときの感覚が今も残っていて、なくなると自動的に買い足してしまいます。でも、そもそも私は、酸っぱいものが好きではなかったのです。一時期、トマト缶をよく使っていたのは、トマトは缶詰にしてもビタミンが壊れないから新鮮な野菜が食べられない時でもトマト缶さえ買っておけば安心だと思っていたからです。最近トマト缶を使ったことといえば、2か月近く前に、白いんげんでポーク&ビーンズをつくったときくらいです。そのときだって
「ああ、ガーリックの強い香りが口に残って嫌だなあ。洋風の煮込みにしないで、もっと単純に薄味のだしで根菜と一緒に炊けばよかった」
と思ったくらいです。それなのに、そのポーク&ビーンズに使ったために買い置きのトマト缶がそろそろなくなるからと、もう1缶残っていたにもかかわらず、次にスーパーに出かけたときに、さっそくまたいくつか買い込んできたのでした。

それから、トマト料理には欠かせないオレガノやバジルをはじめとして、さまざまなハーブやスパイスも、以前は辛いものや複雑な味わいの料理が好きでしたから、切らすことができませんでした。ところが現在の私は、「味や香りを足して増幅させる」ことが基本の西洋料理ではなく、ごくシンプルで刺激の少ない「和食の粗食」を舌も体も求めているし、実際日々作っているのはそういう惣菜ばかりなのです。それなのに、たかだか年に1回か2回、複雑な味の煮込み料理や手作りのカレーなどを食べたくなったときのためにと、少なからぬ購入代金と保管スペースを要する調味料一式をいまだにズラリとそろえているなんて、ばかばかしいにもほどがある、と、戸棚の中を眺めながら一人で笑ってしまいました。

わざわざ専門店へ出かけて買いそろえたハーブやスパイスを自分でブレンドして瓶に詰めたまま、何か月も(何年も?)使うことのなかった大量のオリジナルミックススパイスを、先日とうとう処分しました。たいへんもったいないことをしましたが、ゴミのカラス除けくらいには役に立ったかもしれません。1週間に1日以上使わない調味料は、もう買わないことにしよう、と心に刻みつつ。



元気です。ありがとう。  by たびたま

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。