Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C642] こんにちは。

たびたまさん、無事にお正月を過ごされたようで、良かったですね。
うちは、昨年末に主人の身内の突然の不幸があり、
おめでとうの言葉は控えさせていただきたいのですが、
たびたまさん、今年もよろしくお願いいたします。

わたくし事ですが、
昨年の10月に、81歳の実母が、私の住んでいる市内の老人ホームに入所しました。
私や姉も(姉も比較的近くに住んでいます)、ホームに入った母との付き合い方を、いろいろ模索していると言ったところかもしれません。
80歳まではかくしゃくとしていて、このまま一人暮らしをしばらくは続けていくのだなぁと思っていたのに、やはり老いには勝てませんね。

たびたまさんは、ご自分で、きんとんをこしらえるのですか?すごいです!
私は、おせちはほとんど市販のもので済ませてしまっています。やはり、たびたまさんはお料理上手なのですね!
お料理の記事も含めて、
たびたまさんのブログ、楽しみにしています。
更新は、ご自分のペースでいいと思いますよ。
  • 2010-01-07 12:00
  • ちなみ
  • URL
  • 編集

[C643]

あけましておめでとうございます。
とはいっても、世の中はすっかり平常モード、のんびりしているのは私くらい…
私も年末に母から「来なくていい」と連絡を受け…あれって随分気が抜けるものですね。
数日後には、呼びつけられ、カチン!とくるところが、私とたびたまさんの違いです。
今年も修行の年になりそうです。

栗が甘栗?
目からウロコです。
どんなに砂糖を控え目にしても、栗のシロップ浸けのせいか、いつも甘くて…しかも、安い!
私も来年は、そうしてみようかな?

[C644]

あけまして、おめでとうございます。
ってかなり遅れ気味ですいません(汗

たびたまさんのお宅のお節めっちゃおいしそうです。
ヒロヒロもこれくらい上手にできればなって思いましたv-411
本当にたびたまさんはお料理お上手です。

ヒロヒロのお正月は少しナイーブな問題もあって、
少し気持ち的に疲れた部分のあるお正月でした(汗
お年寄りはよくわがままっていうけど、、、
自分がうまくできない部分、人に頼らなくきゃきっとしんどいんですよね。それにきっちり対応してあげるたびたまさんは本当にえらいなぁ~って思います。
ヒロヒロは人に振り回されるとついいらっとしてしまうので、
見習いたいなって思います。

ではでは。本年もよろしくお願いします。
  • 2010-01-07 20:50
  • ヒロヒロ
  • URL
  • 編集

[C645]

たびたまさん(^ω^ こんばんわ
今年もよろしくお願いします

おせち、おいしそうううう
息子様に続き、だんな様の話も
初じゃないですか(^ω^?

パパさま、年末年始はホームで過ごされたんですね
たびたまさんのいう通り、ココロが安定しておられるんですね

ユウは正月から仕事でした
ショートステイも受け入れているのですが、
年末年始をバッチリ預けられている利用者は
それはもう、ヤヤコシイ個性的な方ばかりで(^ω^;

たびたまさんと たびたまさんの周囲の方々が
幸せに過ごせる1年になりますように


  • 2010-01-08 00:15
  • ゆうちぃ
  • URL
  • 編集

[C646]

●ちなみさんへ
>ご自分で、きんとんをこしらえるのですか?
ただマッシャーでつぶすだけで、裏ごしなど面倒なことはしないので、簡単なものです。
帰天されたご親戚がお健やかに旅を続けられ、早く新しい環境にお慣れになって、こちらに残された方の涙も乾きますよう、お祈り申しあげます。
お母様 お近くに来られて、よかったですね(^ ^)

●ぴーさんへ
聖人ではありませんから、カチンとくるときもありますよ(笑)。
でもそれは私を不幸にしようとする悪魔のささやきなので、できるだけ速やかに気分を切り替えるよう努めています。笑顔をつくれば一発です。

●ヒロヒロさんへ
お正月お疲れ様でした。この世のお務め ご苦労様です(^ ^)。
人に振り回されていると感じると、イラッとしますよね。
自分の裁量と責任で想定外の問題に対処していると思えば、楽になります。

●ゆうちぃさんへ
正月もなくお仕事だったのですね お世話様です。
個性的な皆さん(笑)になり代わって、お礼申しあげます。
あー いつぞやの記事で書きました「息子」は、「パパの息子」つまり我が背子のことです。紛らわしい書き方でごめんなさい。
私の子どもは、天国で親切な方々が面倒見て下さっています(^ ^)。
ゆうちぃさんにも、実り多き一年になりますように。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/298-546c6ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遅まきながら

明けましておめでとうございます。
すっかりご無沙汰をしていますが、今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

ささやかなおせち
1カ月以上更新しないでいたので、記事が広告の下に押しやられてしまっていて、様子を見にきてくださった方には申し訳ありませんでした。ほったらかしのブログを「ときどき見ています」と年賀状に書いてくださった方が何人かいらして、ありがたくも恥ずかしく思いました。今年は、もう少しこまめに更新できたらいいなと思っています。


このお正月、パパはホームで過ごすとのことで、たびたま家ステイはなくなりました。

「そうよね、やはり寝起きするには、バリアだらけの寒い我が家よりも、慣れたホームの方が安心よね。じゃあ、日帰りということでうちに連れてきて、家族そろっておせちを食べましょう」
と、思ったのですが、その誘いにも
「三が日はホームでも正月料理が出るから、べつに行かんでもええ」
とのつれない返事。

「じゃあ、おせちを持って、お年始の挨拶に伺いましょう」
と言うと、
「いろいろ予定があるから、来んでええ」
と、とどめを刺されて、今年はいろいろ美味しいものをつくりましょうと張り切っていたたびたまは、すっかり気が抜けてしまいました。

「正月はええから、2月になったら、国立博物館の長谷川等伯展に連れていって」
とのこと。(電車の乗り継ぎが大変だったり、人が多かったりするので、本心を言えばあまりパパを連れて東京へは行きたくないのですが……本人の希望なので聞いてあげなければいけないでしょう)

まあ、独りで自由に過ごしたいというのは、心が元気な証拠でありますし、もともと自分のペースを乱されるのが嫌いな人なので、好きなようにしてもらうのが一番と思い、無理には誘わずに、夫婦2人、自宅でささやかに祝うお正月となりました。

大掃除も何だか気が抜けて、普段より少し細かいところを綺麗にしただけで済ませて、おせちも、結局、お決まりのものばかり、簡単に。

少し贅沢して、ごまめに胡桃〔くるみ〕を入れたら、我が背子がとても喜びました。炒り子と胡桃をいっしょに炒ればいいだけなので手間は同じですし、胡桃って本当に香ばしくて美味しい木の実ですよね。大好きです。ごまめを関東では「田作り」というのが一般的だろうと思いますが、うちの方ではいつも「ごまめ」、とくに素干ししたままのものは「炒り子」と呼んでいました。片口鰯〔いわし〕の煮干しのことです。

そうそう、今年の栗金団〔きんとん〕は、すごく美味しくできました。市販の栗の甘露煮は甘すぎて気にいらないので、今年は「甘栗」を使ってみました(甘露煮よりずっと安価ですし)。さつま芋の方にも蜂蜜と三温糖を少し加えただけで、甘さを控えめにしたら、山梔子(くちなしの実)の香りがすっきりと立って、他に何も加えていないのが嘘みたいに、美味しくできました。これから毎年、金団には甘栗を使うことにしよう。

――と、もう、そのおせちも全部食べ終わってしまって、そろそろ松の内も終わろうかという頃になってこんなことを書いているのも、清少納言に「いみじうすさまじ」と言われそうですが(笑)。



我が背子は、休みの日も、家でご飯を食べるほかは、本を山ほど抱えて喫茶店かどこかに出かけてしまうので、お正月といっても食事のメニュー以外はさして特別なこともなく、たびたまは独りお香を炊いたり、写経をしてみたり、録画しておいた歴史ドラマを見たりして過ごして、さあいよいよ明日は4日の仕事始め、お正月気分も終わりだなぁという3日のお昼前になって、「来んでええ」と言っていたパパが電話してきて、布団がどうの、洗濯に出すのにカバーがようはまっちょるかどうか見て欲しいから来てくれと言うので、とりあえず、かろうじてまだ少し残っていた栗金団を少しお土産に持って、ホームに行ってきました。

電話では要領を得なかったのですが、つまりは「布団カバーを洗濯に出すから取り換えてくれ」という用事でした(笑)。どうやら、羽毛布団にふつうの布団のカバーをかぶせてあったらしく、ひもで固定していないので、中で布団がもごもご固まってしまって、掛け心地が悪かったようです。そのほかは、壁の時計が少し遅れているのを直す、電話のコード(を、小さく切ったガムテープで壁に留めているの)が取れたので、貼り直す、などなど。

こんな些細な用事でも、来いと言われてすぐに行ってあげられるところに住んでいれば、すぐにやってあげられますが、天草にいる母のためには、ちょっと手伝ってあげたいと思っても、何もしてあげられません。この数か月というもの、リュウマチのために手足の痛みと痺れがひどく、包丁も握れないとか。大変な思いをしながら家事をしているようです。毎日寝ている布団も、誰も干す人がいないので、裏側にカビが生えてしまったとか……。

春には、じいちゃんばあちゃん(母方の祖父母)の法事があるので、それを口実に、しばらく天草に帰って、家事を代わってやりたいと思っています。

食いだめとか寝だめとか言いますが、布団も「干しだめ」ができるといいのにね。


コメント

[C642] こんにちは。

たびたまさん、無事にお正月を過ごされたようで、良かったですね。
うちは、昨年末に主人の身内の突然の不幸があり、
おめでとうの言葉は控えさせていただきたいのですが、
たびたまさん、今年もよろしくお願いいたします。

わたくし事ですが、
昨年の10月に、81歳の実母が、私の住んでいる市内の老人ホームに入所しました。
私や姉も(姉も比較的近くに住んでいます)、ホームに入った母との付き合い方を、いろいろ模索していると言ったところかもしれません。
80歳まではかくしゃくとしていて、このまま一人暮らしをしばらくは続けていくのだなぁと思っていたのに、やはり老いには勝てませんね。

たびたまさんは、ご自分で、きんとんをこしらえるのですか?すごいです!
私は、おせちはほとんど市販のもので済ませてしまっています。やはり、たびたまさんはお料理上手なのですね!
お料理の記事も含めて、
たびたまさんのブログ、楽しみにしています。
更新は、ご自分のペースでいいと思いますよ。
  • 2010-01-07 12:00
  • ちなみ
  • URL
  • 編集

[C643]

あけましておめでとうございます。
とはいっても、世の中はすっかり平常モード、のんびりしているのは私くらい…
私も年末に母から「来なくていい」と連絡を受け…あれって随分気が抜けるものですね。
数日後には、呼びつけられ、カチン!とくるところが、私とたびたまさんの違いです。
今年も修行の年になりそうです。

栗が甘栗?
目からウロコです。
どんなに砂糖を控え目にしても、栗のシロップ浸けのせいか、いつも甘くて…しかも、安い!
私も来年は、そうしてみようかな?

[C644]

あけまして、おめでとうございます。
ってかなり遅れ気味ですいません(汗

たびたまさんのお宅のお節めっちゃおいしそうです。
ヒロヒロもこれくらい上手にできればなって思いましたv-411
本当にたびたまさんはお料理お上手です。

ヒロヒロのお正月は少しナイーブな問題もあって、
少し気持ち的に疲れた部分のあるお正月でした(汗
お年寄りはよくわがままっていうけど、、、
自分がうまくできない部分、人に頼らなくきゃきっとしんどいんですよね。それにきっちり対応してあげるたびたまさんは本当にえらいなぁ~って思います。
ヒロヒロは人に振り回されるとついいらっとしてしまうので、
見習いたいなって思います。

ではでは。本年もよろしくお願いします。
  • 2010-01-07 20:50
  • ヒロヒロ
  • URL
  • 編集

[C645]

たびたまさん(^ω^ こんばんわ
今年もよろしくお願いします

おせち、おいしそうううう
息子様に続き、だんな様の話も
初じゃないですか(^ω^?

パパさま、年末年始はホームで過ごされたんですね
たびたまさんのいう通り、ココロが安定しておられるんですね

ユウは正月から仕事でした
ショートステイも受け入れているのですが、
年末年始をバッチリ預けられている利用者は
それはもう、ヤヤコシイ個性的な方ばかりで(^ω^;

たびたまさんと たびたまさんの周囲の方々が
幸せに過ごせる1年になりますように


  • 2010-01-08 00:15
  • ゆうちぃ
  • URL
  • 編集

[C646]

●ちなみさんへ
>ご自分で、きんとんをこしらえるのですか?
ただマッシャーでつぶすだけで、裏ごしなど面倒なことはしないので、簡単なものです。
帰天されたご親戚がお健やかに旅を続けられ、早く新しい環境にお慣れになって、こちらに残された方の涙も乾きますよう、お祈り申しあげます。
お母様 お近くに来られて、よかったですね(^ ^)

●ぴーさんへ
聖人ではありませんから、カチンとくるときもありますよ(笑)。
でもそれは私を不幸にしようとする悪魔のささやきなので、できるだけ速やかに気分を切り替えるよう努めています。笑顔をつくれば一発です。

●ヒロヒロさんへ
お正月お疲れ様でした。この世のお務め ご苦労様です(^ ^)。
人に振り回されていると感じると、イラッとしますよね。
自分の裁量と責任で想定外の問題に対処していると思えば、楽になります。

●ゆうちぃさんへ
正月もなくお仕事だったのですね お世話様です。
個性的な皆さん(笑)になり代わって、お礼申しあげます。
あー いつぞやの記事で書きました「息子」は、「パパの息子」つまり我が背子のことです。紛らわしい書き方でごめんなさい。
私の子どもは、天国で親切な方々が面倒見て下さっています(^ ^)。
ゆうちぃさんにも、実り多き一年になりますように。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/298-546c6ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。