Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C602] 確かにそうですね

私も職場の苦手だった人もそんな感じで大丈夫に
なりました。いつも心地よい返事や表情がかえってくる
わけでもないのですが、何もしないよりずっといいです。
・・・お久しぶりです。(笑)
またお邪魔させてもらいますね。
  • 2009-07-14 22:31
  • あけち
  • URL
  • 編集

[C603] あけちさんへ

いらっしゃい お久しぶりです(笑)
お元気そうでうれしいです
連休にはイタリア諸都市へいらっしゃったそうで……
行く先々で 現地男性に声をかけられて
大変だったのではありませんか?(^o^)

[C604] 歳を重ねるということは

たびたまさん、こんにちは。
若いころとは違った発見があるというのが、
歳を重ねられる幸せですね。
この方法・・・あたりですね。
そう思うと、若いころの自分って、
ええかっこしいで中身がなかったなあって。

病気をしなかったら、今も、いろんなことに
気づくチャンスを捨てていたなあって思います。
失ったものより、得たものは多いです。

クーラーをガンガンかけて、誰にも文句言われず、
パソコンがやれる今に感謝です。

そういえば、病気してから出したはがき1枚で、
いい関係になれた人もいますね。
若造のくせに生意気だと思っていらした方も、
「かわいいやっちゃ」と思ってくれたようです。

[C605]

女性対女性にしか使えないテなのですが、話しかける時に相手の腕などに触れるようにしてます。
苦手な相手ほど特に!
相手の体温を感じると、不思議と親近感が湧くみたいです。
相手も身構えないみたい。
スキンシップは、大事ですね。

[C607] まほさんへ

> 若いころとは違った発見があるというのが、
> 歳を重ねられる幸せですね。

まほさん ほんとうにそうですね~(^ ^)
といっても たびたまはちゃんと年を重ねているのか?
お肌や体型などは確実に進化(?)しているものの
中身は 子どものころと同じで今もぼーっとしてて
ぜんぜん成長していないなぁと思うことが多いですが(汗)
でも「ええかっこしい」は たしかに少しずつ解消してるかも?
ええかっこしいって、自分を守るための鎧というか
バリアを張ってたというか 要するに
外界に対して 心が閉じていたんですね
最近は 開いている自分を楽しむ余裕も
あ いま 閉じてるなー と気づく余裕も
少しできてきたように思います

[C608] ぴーさんへ

スキンシップ! たびたまも欠かせません
言葉がヘタなので 触れ合いに頼ってしまいます
相手が男性でも 背中に手を置いたりとかはよくします
シチュエーションによっては 手を握ったりも……
今のところ「セクハラだ!」と訴えられたことはなく(笑)
ご年配の方は スキンシップを喜んでくださるようです

高校生の甥っ子なんて 何年ぶりとかで会っても
ハグどころか腕も組ませてくれない
昔はあんなに抱っこしてあげたのに(笑)

[C610]

たびたまさん、こんばんは。
ヒロヒロは人が苦手なので…こういう風にできればな~
って思うんだけど、、、
ヒロヒロの場合は自分がっていうより、
相手にっていうのがあるので、反対にうまくできないです(汗
相手が自分を好きじゃないだろうな~っという前提が大きくついてたりするので。
でも、確かに難しく考えるのがいけないんですよね。
ただ、素直に笑えればいいなぁ~て思いました。
ではでは。
  • 2009-07-23 20:18
  • ヒロヒロ
  • URL
  • 編集

[C611] ヒロヒロさんへ

ヒロヒロさん ありがとうございます(^ ^)

> 相手が自分を好きじゃないだろうな~っという前提が大きくついてたりするので。
ヒロヒロさん たびたまもそうでしたよ
それで 人づきあいがすごく苦手でした
でも今は 相手が自分を好きかどうかは
考える必要ないと思っています
だって そんなふうに考えていたら
「あなたが好き好き」って態度で示してくれる人としか
つきあえなくなってしまいますものね
しかも 「好き」といいながら内心どう思ってるか
人の心はわかりませんから
相手の機嫌が悪くなったりするたびに
「嫌われるんじゃないか」って
いつもビクビクしていなきゃいけなくなってしまう
結局のところ 自分の心の問題なんですよね

たとえ相手に嫌われていたとしても
余裕の笑顔でいられるひとになりたい と思っています

小さい頃苦手だった人参やピーマンが 今は大好きです
人間同士でも そんな魔法が起きるかもしれません(^ ^)

[C612] お久しぶりです。

たびたまさん、こんにちは。

すぐ↑のたびたまさんのコメント・レス、とても参考になりました。
なにしろ、私はいい歳なのに、幼きころからずっと、
「あの人は、私のことをどう思っているのだろう?嫌いなのではないだろうか?」
などと、くよくよ考えていることが多かったからです。

たびたまさんのコメント・レス、私にとって善きアドバイスになりました。
ありがとう!
  • 2009-07-25 16:10
  • ちなみ
  • URL
  • 編集

[C613] ちなみさんへ

きっと、だれしも そんな不安(?)を抱きながら
他人と接しているのかもしれませんね
個性を抑えながら集団の中で生きていた時代から
つねに個としてどう生きるかを考える時代へと移り
ひとはより繊細になり、個人対個人の関わり方に
より用心深く、臆病になるのと同時に、しかし
精神的にはかえって無防備に、そしてナイーブに
(年齢に関係なく)なっている気がします
猫を抱けばときには引っ掻かれて怪我をすることもあるように
(それでも引っ掻かれるのをわかっていて猫を抱くように)
自分と合う人も合わないひとも その存在を
人として丸ごと大らかに受け止められるようになったら
もっと楽に生きられるようになるかもしれませんね

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/293-51e5480a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

苦手なひと

何となく 苦手だなぁ
と 思うひとがいたら
今度 そのひとに会ったとき
「どうしよう」と 考える前に
無条件に わっと笑顔になって
「こんにちは!」と言ってみよう

「あ~あ 嫌なひとに会っちゃった」
と いつもなら 思うところだけど
「あっ このひとに会えてうれしい!」
と 心に暗示をかけてみよう

いつもむっつりしている そのひとが
つられて 笑顔になった顔が
意外にも 可愛かったりする
なんていう 小さな発見のおまけも
ついてくるかもしれない



すべての出逢いに意味がある by たびたま

コメント

[C602] 確かにそうですね

私も職場の苦手だった人もそんな感じで大丈夫に
なりました。いつも心地よい返事や表情がかえってくる
わけでもないのですが、何もしないよりずっといいです。
・・・お久しぶりです。(笑)
またお邪魔させてもらいますね。
  • 2009-07-14 22:31
  • あけち
  • URL
  • 編集

[C603] あけちさんへ

いらっしゃい お久しぶりです(笑)
お元気そうでうれしいです
連休にはイタリア諸都市へいらっしゃったそうで……
行く先々で 現地男性に声をかけられて
大変だったのではありませんか?(^o^)

[C604] 歳を重ねるということは

たびたまさん、こんにちは。
若いころとは違った発見があるというのが、
歳を重ねられる幸せですね。
この方法・・・あたりですね。
そう思うと、若いころの自分って、
ええかっこしいで中身がなかったなあって。

病気をしなかったら、今も、いろんなことに
気づくチャンスを捨てていたなあって思います。
失ったものより、得たものは多いです。

クーラーをガンガンかけて、誰にも文句言われず、
パソコンがやれる今に感謝です。

そういえば、病気してから出したはがき1枚で、
いい関係になれた人もいますね。
若造のくせに生意気だと思っていらした方も、
「かわいいやっちゃ」と思ってくれたようです。

[C605]

女性対女性にしか使えないテなのですが、話しかける時に相手の腕などに触れるようにしてます。
苦手な相手ほど特に!
相手の体温を感じると、不思議と親近感が湧くみたいです。
相手も身構えないみたい。
スキンシップは、大事ですね。

[C607] まほさんへ

> 若いころとは違った発見があるというのが、
> 歳を重ねられる幸せですね。

まほさん ほんとうにそうですね~(^ ^)
といっても たびたまはちゃんと年を重ねているのか?
お肌や体型などは確実に進化(?)しているものの
中身は 子どものころと同じで今もぼーっとしてて
ぜんぜん成長していないなぁと思うことが多いですが(汗)
でも「ええかっこしい」は たしかに少しずつ解消してるかも?
ええかっこしいって、自分を守るための鎧というか
バリアを張ってたというか 要するに
外界に対して 心が閉じていたんですね
最近は 開いている自分を楽しむ余裕も
あ いま 閉じてるなー と気づく余裕も
少しできてきたように思います

[C608] ぴーさんへ

スキンシップ! たびたまも欠かせません
言葉がヘタなので 触れ合いに頼ってしまいます
相手が男性でも 背中に手を置いたりとかはよくします
シチュエーションによっては 手を握ったりも……
今のところ「セクハラだ!」と訴えられたことはなく(笑)
ご年配の方は スキンシップを喜んでくださるようです

高校生の甥っ子なんて 何年ぶりとかで会っても
ハグどころか腕も組ませてくれない
昔はあんなに抱っこしてあげたのに(笑)

[C610]

たびたまさん、こんばんは。
ヒロヒロは人が苦手なので…こういう風にできればな~
って思うんだけど、、、
ヒロヒロの場合は自分がっていうより、
相手にっていうのがあるので、反対にうまくできないです(汗
相手が自分を好きじゃないだろうな~っという前提が大きくついてたりするので。
でも、確かに難しく考えるのがいけないんですよね。
ただ、素直に笑えればいいなぁ~て思いました。
ではでは。
  • 2009-07-23 20:18
  • ヒロヒロ
  • URL
  • 編集

[C611] ヒロヒロさんへ

ヒロヒロさん ありがとうございます(^ ^)

> 相手が自分を好きじゃないだろうな~っという前提が大きくついてたりするので。
ヒロヒロさん たびたまもそうでしたよ
それで 人づきあいがすごく苦手でした
でも今は 相手が自分を好きかどうかは
考える必要ないと思っています
だって そんなふうに考えていたら
「あなたが好き好き」って態度で示してくれる人としか
つきあえなくなってしまいますものね
しかも 「好き」といいながら内心どう思ってるか
人の心はわかりませんから
相手の機嫌が悪くなったりするたびに
「嫌われるんじゃないか」って
いつもビクビクしていなきゃいけなくなってしまう
結局のところ 自分の心の問題なんですよね

たとえ相手に嫌われていたとしても
余裕の笑顔でいられるひとになりたい と思っています

小さい頃苦手だった人参やピーマンが 今は大好きです
人間同士でも そんな魔法が起きるかもしれません(^ ^)

[C612] お久しぶりです。

たびたまさん、こんにちは。

すぐ↑のたびたまさんのコメント・レス、とても参考になりました。
なにしろ、私はいい歳なのに、幼きころからずっと、
「あの人は、私のことをどう思っているのだろう?嫌いなのではないだろうか?」
などと、くよくよ考えていることが多かったからです。

たびたまさんのコメント・レス、私にとって善きアドバイスになりました。
ありがとう!
  • 2009-07-25 16:10
  • ちなみ
  • URL
  • 編集

[C613] ちなみさんへ

きっと、だれしも そんな不安(?)を抱きながら
他人と接しているのかもしれませんね
個性を抑えながら集団の中で生きていた時代から
つねに個としてどう生きるかを考える時代へと移り
ひとはより繊細になり、個人対個人の関わり方に
より用心深く、臆病になるのと同時に、しかし
精神的にはかえって無防備に、そしてナイーブに
(年齢に関係なく)なっている気がします
猫を抱けばときには引っ掻かれて怪我をすることもあるように
(それでも引っ掻かれるのをわかっていて猫を抱くように)
自分と合う人も合わないひとも その存在を
人として丸ごと大らかに受け止められるようになったら
もっと楽に生きられるようになるかもしれませんね

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/293-51e5480a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。