Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C510]

なんだか素敵なエピソードですね~^^
そうやって、街角で出会ったのも偶然ではありませんよね♪
ホント、いつも建物の中でばかり会っているのではなく、外であってみると、ちょっと新鮮な感じがしたのではないですか^^
そして、皆さん、たびたまさんのこと覚えていてくれてなんだか嬉しいな^^
きっと、いつものたびたまさんの愛情がしっかりと心に届いているんですよ♪
みなさんの可愛い「お嬢様」になって、これからも優しさを振りまいてあげてくださいね~^^

[C512] Megiさんへ

> ホント、いつも建物の中でばかり会っているのではなく、外であってみると、ちょっと新鮮な感じがしたのではないですか^^
そうなんですね 青空の下で見ると
皆さんがすごくお元気そうに見えました
もちろん 気持ちのいいお天気で外に出て
お気持ちが晴れ晴れとしていらっしゃったから
というのも 大いにあるでしょうが
こちらの見る目も 違うのかもしれませんね
これで 今度から お話し相手をするときに
お元気だったころ お若かったころの
利用者さんを想像しやすくなりました
やっぱり 偶然ではありませんね(^ ^)

> そして、皆さん、たびたまさんのこと覚えていてくれてなんだか嬉しいな^
Megiさんがいっしょに喜んでくださってうれしいな(^ ^)
☆☆☆ありがとう☆☆☆

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/274-a3e642eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あれ? 覚えててくれた

このあいだね ちょっとうれしいことがあったんです

近所のスーパーまで 散歩がてら
お買い物にいこうと 歩いて出かけたのですが

角を曲がろうとしたら おっと!

車椅子のひとに ぶつかりそうになりました


「ごめんなさい」
急いで脇へどいたのですが

んん?

このおばあちゃん 何か見覚えが…

車椅子を押してるひとを ふと見れば
んん? このひとも わたし知ってる!

「あらっ! あなた どこかで見た顔ね!」
「あーっ!」

お互いに 指さしあったまま
その場に立ち止まってしまいました

いつも お話相手にうかがっている
施設の入所者の方だったんです

車椅子をおしていたのは
いつもたびたまにおやつを分けてくれようとする(笑)
トシさん
車椅子に座っているのは
トシさんと大の仲良しの マルさんでした

そのあとからも 続々と
スタッフさんに押された 車椅子の軍団が
ついてきます

「お散歩ですか~? お気をつけて」

後ろから大型トラックがやってきたので
それだけ言って 慌てて別れたのですけど
へぇ~ こんなふうに
外をお散歩したりもするんだ
と ちょっと意外な うれしい一瞬でした

外の世界からうかがう ボランティアと
いつも中にいる 入所者の方
という関係ではなくて
ご近所に住む お仲間 として
こんなふうに お会いできたことがね


さらにうれしかったのは その翌日
その施設に お話相手にうかがって
マルさんにお会いしたとき

「マルさん きのうわたし お会いしたの
覚えていらっしゃいます?」

と 聞いてみたら

もちろん覚えてるわよ!
そういうことは あたしは忘れないわよ」

と 目をくりくりさせて 答えてくださったこと


「あなた どこかで見た顔ね!」
といってくれた トシさん

「もちろん覚えてるわよ」
といってくれた マルさん

このお二人は 利用者さんたちの中でも
特別しっかりした方たちではありますが
それにしても
多かれ少なかれ 認知症があるので
たびたまという個人を 記憶してもらうことは
最初 ぜんぜん 期待していなかったから
ちょっとハッピー♪でした



ほかにも たびたまの顔を
なんとなく 見覚えてくれているらしい
下ネタ子さんなんかは
いつも遠くから たびたまをじーっと見ていて
目があって お近くへいくたびに
「何よ あんた
あたしのとこには 全然こないじゃない
「ちょっとこっちに来い! イジめてやる
とかいって 構ってくれます(笑)


こちらの存在に だんだん慣れてくださって
警戒心を解くだけでなく
親しみを感じてくださっているらしい
というのは うれしいものですね


おもしろいもので
下ネタ子さんと お話するときは
Mっ気のある後輩(笑)みたいになってしまうし
トシさんや マルさんと お話するときは
ご近所の主婦仲間 みたいになるし


いろんな個性の方と お話していると
まるで 役者さんみたいに
いろんな役柄に なれるんです


ひとによっては たびたまのことを
「新人のお嬢さん」だと思い込んでいて
「おたくは まだ20歳くらいでしょ?
慣れない仕事で大変だろうけど
まあ がんばんなさいよ」

と 励ましてくれたりするので
そんなときは たびたまは 大いばりで
お嬢さん役を楽しめるのです(笑)

コメント

[C510]

なんだか素敵なエピソードですね~^^
そうやって、街角で出会ったのも偶然ではありませんよね♪
ホント、いつも建物の中でばかり会っているのではなく、外であってみると、ちょっと新鮮な感じがしたのではないですか^^
そして、皆さん、たびたまさんのこと覚えていてくれてなんだか嬉しいな^^
きっと、いつものたびたまさんの愛情がしっかりと心に届いているんですよ♪
みなさんの可愛い「お嬢様」になって、これからも優しさを振りまいてあげてくださいね~^^

[C512] Megiさんへ

> ホント、いつも建物の中でばかり会っているのではなく、外であってみると、ちょっと新鮮な感じがしたのではないですか^^
そうなんですね 青空の下で見ると
皆さんがすごくお元気そうに見えました
もちろん 気持ちのいいお天気で外に出て
お気持ちが晴れ晴れとしていらっしゃったから
というのも 大いにあるでしょうが
こちらの見る目も 違うのかもしれませんね
これで 今度から お話し相手をするときに
お元気だったころ お若かったころの
利用者さんを想像しやすくなりました
やっぱり 偶然ではありませんね(^ ^)

> そして、皆さん、たびたまさんのこと覚えていてくれてなんだか嬉しいな^
Megiさんがいっしょに喜んでくださってうれしいな(^ ^)
☆☆☆ありがとう☆☆☆

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/274-a3e642eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。