Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C322]

最近は音声案内が多いですね。
私はオペレーターとやっとつながったのがうれしくて、「やっと会えましたぁ~♪」とはしゃいでしまいます。
オペレーターさんもつられて「クスッ」と笑って応対してくれます。
これで、和やかな雰囲気に♪
顔が見えない電話だからこそ、声のトーンや話し方を注意しないといけないですね。

[C323]


雛です。
前回のブログで色々あり、ブログを移転して新しくすることにしました。
名前も変わります。

よかったら、また仲良くしてやって下さい。

http://sy1017.blog81.fc2.com/
  • 2009-02-17 17:02
  • 広瀬優奈
  • URL
  • 編集

[C324]

たびたまさんと同じ様な経験が誰にでもあると思いますわ~。
マムも、覚えがありますもの・・・(汗
相手の方が見えないだけで、人柄が出てしまう電話の声はとても大切ですよね。

そうそう・・・、結婚生活も長くなると、電話の相手がご主人さまだというだけで、
声が低くなり、いかにも面倒くさいわ~と云う声でお話しをする友人がいます。
どんなに素敵な女性でも、あれはいただけませんよね~?

サービス精神やフレンドリーシップを忘れないように、
客観的に自分を見つめる目を養わないと、イヤ~な人間になってしまいますものね。
たびたまさんのお話しは、いつも本当にお勉強になります。

[C325] “お辞儀の心”

>たびたまは 見えない電話の相手に
>頭を下げて 謝るひとを
>信用できるひとだと 思います

私は、ヤンキー時代(笑)本当に、口の悪い人間でした^^;
サービス業にお勤めしてから言葉使いを正す事に大変苦労をしました><

電話の応対は、顔が見られない分、特に神経を使いました
私は、ある時
「電話口でお辞儀をしている人を笑う人がいますが
その方の“お辞儀の心”は相手に必ず伝わります~~」
と言う文章に触れ、“心を籠める”電話応対と接客を考える切欠になりました

これからも、お辞儀の心を電話口のお客様に伝えて行きたいです^^
  • 2009-02-17 21:46
  • さくら
  • URL
  • 編集

[C326]

たびたまさん、こんばんは。
ヒロヒロも電話だと、つい、冷たい感じになっちゃうので…。特にこういう場所に電話する時は声ってより重要なのカナって感じました。
確かに、こういう仕事をされている方って、
自分が悪くもない苦情をずっと聞いててしんどいはずですよね…。こういうときに、そういう想像力を働かせることのできるたびたまさんはやっぱりすごいな。

最近でも、本当に機械的なアナウンスでの支持って多いですよね…すごく苦手です(汗)
1,2,3とかで最後の数字がだいたい、その他で、
でも、ヒロヒロの中でどれに当てはまってるんだか、それとも当てはまってない、その他でいいんだか…う~んってとがあるので。コストダウンのためにきっと仕方ない処置なんでしょうけど。。。

[C328] ぴーさんへ

交換手を雇えば それだけ人件費がかかりますからね~
客の立場としては デパートのインフォメーションみたいに
人間が案内してくれるのがいちばん安心できるのですが

「やっと会えましたぁ~♪」
これ いいですね!(笑) たびたまも こんど
そんなふうにごあいさつしてみます(^ ^)
素敵な智慧を授けてくださって ありがとう♪

[C329] 優奈さんへ

教えてくれて ありがとう(^ ^)
さっそく リンク書き換えました
よかったら また遊びに来てね♪

[C330] マムさんへ

> そうそう・・・、結婚生活も長くなると、電話の相手がご主人さまだというだけで、
> 声が低くなり、いかにも面倒くさいわ~と云う声でお話しをする友人がいます。

あはは たしかに・・・ ありがちですね(笑)
日本人の場合 照れくさいというのも
あるのかもしれませんね~?
海外だと 電話で「I love you」なんていっても
当たり前で だれも気にもとめないでしょうけど
日本では 夫相手に華やいだ話し方なんかすると
「まだまだラブラブじゃないの~!」 なんて
お友だちに冷やかされるのが 恥ずかしいとか・・・

いわゆる「ツンデレ」が生まれる土壌なんでしょうね(笑)

[C331] さくらさんへ

そうですか さくらさん ヤンキーでしたか(笑)
ユッキーナみたいな感じでしょうか?←好き(笑)

> 「電話口でお辞儀をしている人を笑う人がいますが
> その方の“お辞儀の心”は相手に必ず伝わります~~」
>
心強いお言葉ですね~(^ ^)
「お辞儀の心」はかならず伝わると
たびたまも信じます!
さくらさんの「お辞儀の心」で これからも
お客さまを 幸せな気持ちに
して差し上げてくださいね(^ ^)

[C332] ヒロヒロさんへ

> 1,2,3とかで最後の数字がだいたい、その他で、
> でも、ヒロヒロの中でどれに当てはまってるんだか、それとも当てはまってない、その他でいいんだか…う~んってとがあるので。コストダウンのためにきっと仕方ない処置なんでしょうけど。。。

そうそう どこに当てはまるんだろう?
当てはまるところがなかったらどうしよう?
なんて けっこう緊張するのですよね(笑)

このあいだお電話したメーカーさんの場合
番号をいう前に
「次の6つのうちからお選びください」
とか 先に言ってくれたのですが
それだけでも ちょっと心理的に安心しますね
さすが一流企業 アナウンスも違うなー
と プチ感心しました(^o^)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/230-0ff27a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テレビ電話じゃなくても 見えると思います

買ったばかりの 電気製品が
説明書どおりに 動作しなかったんです

決して 安い買い物ではなかったし
今すぐに 必要なものだったから
困ってしまって
商品パッケージに 印刷されている
カスタマサービスの番号に 電話したんです

そしたら 自動音声で
「おかけの電話番号は XXXにかわりました
これから番号を申し上げますので
メモのご用意を お願いいたします」

というメッセージが ゆっくり 流れてきました

相手が出たら ああ言って こう言って・・・ と
頭の中で 考えていたから
ちょっと出鼻をくじかれた 感じ

それと同時に
「パッケージに 古い電話番号が印刷されている
ということは
この商品は ずいぶん古いものなのかしら?」
と 何となく 不安になってしまいました

教えられた番号に かけなおすと
(最近は それが当たり前ですけれども)
また 機械の声で
担当の係への ふりわけが 行われます

「こちらは XXX社 カスタマサービスです
次の中から ご用件をお選びください
XXXに関するお問い合わせは 1を
XXXに関するお問い合わせは 2を・・・」


当然ながら この指示も ゆっくりです

辛抱強く 指示を聞いて その通りにすると
またまた 自動音声で 第2のふりわけ作業

「お問い合わせの商品を 次からお選びください
XXXは 1
XXXは 2・・・」


そこを通り過ぎると ようやく
何回かの 呼び出し音のあと
きれいな声の 係の女の人が 出てくれて
たびたまは やっとこさ
問題を相談することが できたのですが

あれこれと やりとりをして
やっぱり不良品 ということが 明らかになって
相手の女性が
「それでは たいへんお手数ですが
お買い求めのお店に
お持ちになっていただいて・・・」
と 無償交換を 勧めてくれているときに
「はい・・・ はい・・・」と 相槌をうちながら
はっと気づいたんです

たびたまは いつの間にか
眉間にしわを寄せて
暗~い声で しゃべっていたんです

もちろん 相手とおしゃべりを楽しむために
電話をかけたわけでは ないのだし
取引先さまに 営業のお電話を差し上げた
という状況でもないのですから
ことさらに 愛想を振りまく必要は
もとより ないといえば ないのですが(笑)

気づいてしまうと 気持ちが悪い

思うに・・・

係の人に 電話がつながるまでのあいだ
けっして 短くはない時間
機械に録音された声を 相手に
言われたとおりに プッシュボタンを押す という
無機質な 一方的な作業を
(たぶん 少しばかり いらいらしながら)
繰り返していたために
機械相手モードから 人間相手モード
切り替えが できていないまま
話を はじめてしまったんですね

そういう 何も考えない話し方をしていると
話の内容が 事務的なことであればなおさら
声って どんどん 低く くぐもって
もさもさと 不機嫌そうに なっていくんですね

それで 自分の声が
あんまり 魅力的でなかったものだから
自分の声に 自分でびっくりしたわけ

たまに 疲れたときに 鏡を見て
自分の顔にギョッとする(笑)感じに 似ています

それは 自分でも 気分が悪いし
もしかすると 相手も
すごく不機嫌な客が クレームをつけてきた
というふうに 感じて
ちょっと 身構えたかも しれませんね

たびたまの方は 初めてかけた電話だけれど
相手は 同じような電話に 繰り返し繰り返し
対応しているのでしょうし
「ああ またクレームだわ・・・」
と 相手の声を 聞いただけで
胃の痛くなるようなところに いるのかもしれないし

そのことに はっと気づいてから
いけないいけない と思い直して
(見えないけど) ニッコリ笑って
「どうもありがとうございます お手数をおかけして」
と言いながら (見えないけど) 頭を下げたら
相手は びっくりしたように
「いえ とんでもございません!」 と
それが 瞬間に ぱっと明るい声になったものだから
今度は たびたまが びっくりしました

それから 彼女は
箱を捨ててしまってても 交換に問題はないこと
「XXXの担当の何某が 故障の確認をした」と
お店のひとに伝えれば すんなり通るはずであること
などを 親切に 説明してくれました

それは もちろん カスタマサービスのひとだから
当然 伝えるべきことでは あるのだろうけど
ただ 「仕事だから やることをやる」 のではなく
困っているお客さま(=たびたま)を
なるべく はやく 安心させてあげよう
わたしは XXX社の代表なのだから
なるべく印象のよい対応をしよう という
前向きな かつ 親切な気持ち というものは
優しい声の調子で 伝わるんですよね

そして 何より 電話の向こうで
彼女が 笑顔で対応してくれていることが
たしかに 感じられたんです


電話でも 笑顔って見えるんですね

声というのは すごい力があるんですね

今度から 電話をかけるときは
まず 鏡を見て にっこり笑って
耳に心地よい きれいな声を心がけよう
と 肝に銘じたのでした



昔、まだ 日本人が カッコ悪くて
真面目な働き者 と 言われていたころ
サラリーマンが 電話で
「申し訳ございません」と 謝りながら
見えない相手に 何度も頭を下げる姿は
「効率的」で「スマート」な人々から
どちらかといえば バカにされていました

でも もしも彼(サラリーマン)が
自宅で寝そべって 鼻くそほじりながら
もしくは 片手に携帯
片手でデスクの片づけなんかしながら
電話していたとしたら・・・

「申し訳ございません」という言葉だけで 果たして
謝罪の気持ちは じゅうぶん伝わるかな?



たびたまは 見えない電話の相手に
頭を下げて 謝るひとを
信用できるひとだと 思います




PCの向こうのあなたにも 笑顔が届くと信じつつ by たびたま

コメント

[C322]

最近は音声案内が多いですね。
私はオペレーターとやっとつながったのがうれしくて、「やっと会えましたぁ~♪」とはしゃいでしまいます。
オペレーターさんもつられて「クスッ」と笑って応対してくれます。
これで、和やかな雰囲気に♪
顔が見えない電話だからこそ、声のトーンや話し方を注意しないといけないですね。

[C323]


雛です。
前回のブログで色々あり、ブログを移転して新しくすることにしました。
名前も変わります。

よかったら、また仲良くしてやって下さい。

http://sy1017.blog81.fc2.com/
  • 2009-02-17 17:02
  • 広瀬優奈
  • URL
  • 編集

[C324]

たびたまさんと同じ様な経験が誰にでもあると思いますわ~。
マムも、覚えがありますもの・・・(汗
相手の方が見えないだけで、人柄が出てしまう電話の声はとても大切ですよね。

そうそう・・・、結婚生活も長くなると、電話の相手がご主人さまだというだけで、
声が低くなり、いかにも面倒くさいわ~と云う声でお話しをする友人がいます。
どんなに素敵な女性でも、あれはいただけませんよね~?

サービス精神やフレンドリーシップを忘れないように、
客観的に自分を見つめる目を養わないと、イヤ~な人間になってしまいますものね。
たびたまさんのお話しは、いつも本当にお勉強になります。

[C325] “お辞儀の心”

>たびたまは 見えない電話の相手に
>頭を下げて 謝るひとを
>信用できるひとだと 思います

私は、ヤンキー時代(笑)本当に、口の悪い人間でした^^;
サービス業にお勤めしてから言葉使いを正す事に大変苦労をしました><

電話の応対は、顔が見られない分、特に神経を使いました
私は、ある時
「電話口でお辞儀をしている人を笑う人がいますが
その方の“お辞儀の心”は相手に必ず伝わります~~」
と言う文章に触れ、“心を籠める”電話応対と接客を考える切欠になりました

これからも、お辞儀の心を電話口のお客様に伝えて行きたいです^^
  • 2009-02-17 21:46
  • さくら
  • URL
  • 編集

[C326]

たびたまさん、こんばんは。
ヒロヒロも電話だと、つい、冷たい感じになっちゃうので…。特にこういう場所に電話する時は声ってより重要なのカナって感じました。
確かに、こういう仕事をされている方って、
自分が悪くもない苦情をずっと聞いててしんどいはずですよね…。こういうときに、そういう想像力を働かせることのできるたびたまさんはやっぱりすごいな。

最近でも、本当に機械的なアナウンスでの支持って多いですよね…すごく苦手です(汗)
1,2,3とかで最後の数字がだいたい、その他で、
でも、ヒロヒロの中でどれに当てはまってるんだか、それとも当てはまってない、その他でいいんだか…う~んってとがあるので。コストダウンのためにきっと仕方ない処置なんでしょうけど。。。

[C328] ぴーさんへ

交換手を雇えば それだけ人件費がかかりますからね~
客の立場としては デパートのインフォメーションみたいに
人間が案内してくれるのがいちばん安心できるのですが

「やっと会えましたぁ~♪」
これ いいですね!(笑) たびたまも こんど
そんなふうにごあいさつしてみます(^ ^)
素敵な智慧を授けてくださって ありがとう♪

[C329] 優奈さんへ

教えてくれて ありがとう(^ ^)
さっそく リンク書き換えました
よかったら また遊びに来てね♪

[C330] マムさんへ

> そうそう・・・、結婚生活も長くなると、電話の相手がご主人さまだというだけで、
> 声が低くなり、いかにも面倒くさいわ~と云う声でお話しをする友人がいます。

あはは たしかに・・・ ありがちですね(笑)
日本人の場合 照れくさいというのも
あるのかもしれませんね~?
海外だと 電話で「I love you」なんていっても
当たり前で だれも気にもとめないでしょうけど
日本では 夫相手に華やいだ話し方なんかすると
「まだまだラブラブじゃないの~!」 なんて
お友だちに冷やかされるのが 恥ずかしいとか・・・

いわゆる「ツンデレ」が生まれる土壌なんでしょうね(笑)

[C331] さくらさんへ

そうですか さくらさん ヤンキーでしたか(笑)
ユッキーナみたいな感じでしょうか?←好き(笑)

> 「電話口でお辞儀をしている人を笑う人がいますが
> その方の“お辞儀の心”は相手に必ず伝わります~~」
>
心強いお言葉ですね~(^ ^)
「お辞儀の心」はかならず伝わると
たびたまも信じます!
さくらさんの「お辞儀の心」で これからも
お客さまを 幸せな気持ちに
して差し上げてくださいね(^ ^)

[C332] ヒロヒロさんへ

> 1,2,3とかで最後の数字がだいたい、その他で、
> でも、ヒロヒロの中でどれに当てはまってるんだか、それとも当てはまってない、その他でいいんだか…う~んってとがあるので。コストダウンのためにきっと仕方ない処置なんでしょうけど。。。

そうそう どこに当てはまるんだろう?
当てはまるところがなかったらどうしよう?
なんて けっこう緊張するのですよね(笑)

このあいだお電話したメーカーさんの場合
番号をいう前に
「次の6つのうちからお選びください」
とか 先に言ってくれたのですが
それだけでも ちょっと心理的に安心しますね
さすが一流企業 アナウンスも違うなー
と プチ感心しました(^o^)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/230-0ff27a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。