Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/193-f21942d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

島原へ~小浜(おばま)温泉(1)

鬼池港 鬼池港


小浜(おばま)温泉へ 一泊旅行



天草は下島の 北西の端にある 鬼池港から
島原半島の 南の端にある 口之津港まで
フェリーに乗って 30分です



口之津港 口之津港

口之津港が 見えてきました
いよいよ 島原です



仁田峠へ 仁田峠へ

まずは 雲仙 仁田(にた)峠を目指します
ここは 一方通行の 有料道路
上りの車と 下りの車が かち合うことは
決してありません

靄(もや)と言うべきか 霞(かすみ)というべきか
霧というべきか
下界は 白いベールの はるか彼方です



仁田峠 仁田峠

仁田峠に着きました
頂上も 下界も
白いベールに 覆われています



仁田峠の植物 仁田峠の植物

山の上に来たなぁ という感じ
ものすごい数の 蜻蛉(とんぼ)が
飛び交っていました



展望所 展望所

見渡す限り霞(かすみ)では
望遠鏡も 役に立ちませんね



雲仙 雲仙

雲仙です 強烈な温泉の匂い
「落ちたら 大火傷して死ぬね~」

ここから 周辺のホテルに 湯を引くのでしょうか
縦横に パイプが張り巡らされています
遊歩道が綺麗に整備されているのが
ちょっと物足りないけれど
とはいえ 自然のままだったら 怖くて
足を踏み入れることなんか できないかも



小浜(おばま) 小浜(おばま)

小浜温泉に 到着です



春陽館 春陽館

お宿は 春陽館(しゅんようかん)という
老舗の旅館です

この 風格のある 木造建築は
昭和初期のもの だそうです



お部屋の中 お部屋の中


お部屋の中 お部屋の中

とても懐かしい 室内の装飾です



春陽館から臨む夕日 春陽館から臨む夕日

夕食をいただいていたら
「夕日がきれいですよ」
と 仲居さんが わざわざ知らせにきてくれました

おかげで 本当に見事な夕日を
拝ませていただきました

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/193-f21942d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。