Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C92]

こんばんは。
この方の気持ち なんとなくわかります。
私の父も戦争体験者ですが 終戦記念日とか子供や孫が実家に集まった時は 戦争の話をしてくれます。

話す事で若い頃にした苦労を家族にわかってもらいたい  という気持ちがあるようです。
きっと この方も同じなんでしょうね。


でも、黙って聞いてあげられるたびたまさん さすがです
  • 2009-01-20 21:56
  • あじさい
  • URL
  • 編集

[C94] あじさいさんへ

お父さまが 戦争体験を話してくださるのですね
それは お子さんやお孫さんにとって 貴重な体験ですね
いまのうちに ぜひ たくさんお話を伺っておいて
いただきたいと思います
(ご近所だったら たびたまも伺いに行きたいです!)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/188-a25150f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひでえもんだよ

たびたまを 手招きしているように見えたので
そばへ行ってみたら
「いや いいんだよ いいんだよ」
と言っているような 口の形をして
「しっ しっ」
の手振りで 追い払われました(笑)

それで ああそうですかと 隣のひとと話をしていると
やっぱり 話しかけてきます(笑)


この方は あまり 声が出せないようで
かすれた ささやき声で
しゃべり方も もごもごした感じなので
お話の全部は 聞き取れませんが
戦争の時代の話を なさっているのだということは
少し聞いていたら すぐに わかりました


「2000メートルだの 3000メートルだの・・・
空中戦になっちまってよ・・・
大砲 撃ったって 届きゃしねえ・・・
XXXXXなんってよ・・・たまったもんじゃねえよ
あっちは 1万メートルだよ・・・
ブーン ブーン (←手で 砲弾を飛ばす仕草)
ったって・・・下の方で ドカーン ドカーンだってよ
・・・ったく ひでえもんだよ なあ」

「ガダルカナルなんて・・・XXXXXXX
おれの(友だち)やなんか・・・会社に勤めてて・・・
夜業[やぎょう]して帰ったら
召集令状が 来てたってんだから・・・
まったくねぇ・・・どうしようもねぇよ・・・」

「新聞なんてよう・・・XXXだXXXだなんつって
・・・新聞記者が・・・聞いてきた話と
ぜんぜん違うじゃねぇかよ・・・
まったくよう・・・ひでえもんだよ・・・
そういう時代だったんだよ ねえ・・・」

「天皇陛下なんてなぁ 戦争中は
現人神[あらひとがみ]なんて言ってたのに
戦争が終わったら 『普通の人間です』
てんだからよう やってられねえよなぁ
・・・まぁ これは
(胸の前で 両手のひらを下に向けて
「まあまあ」となだめるような仕草をしながら)
こここだけの話ってことで  ひとつ お願いしますよ」


たびたまは うなずいたり 相槌を打ったりしながら
びっくりすべきなのか 悲しい顔をすべきなのか
それとも 笑うべきなのか
(何しろ お話がどこへ行くかわからないので)
相手の表情を見て 気持ちを切り替えつつ(笑)
神妙に 拝聴しています


「しまいにゃ・・・高等女学校の生徒にまで・・・
XXX(兵器)の運搬させてやんだから・・・
XXXXXXオイ 責任者だれだ!(自分を指差す)
XXXXXXしなきゃダメじゃないかってよ・・・んなもん
女学生に そんなことさせられるかってんだ なぁ
まったくねぇ・・・そういう時代だったんだよ
ひでえもんだよ」

「・・・こういう話は 息子が嫌がるんだよ・・・
オレが・・・話し始めると みんな逃げっちまう(苦笑)
そういうわけで・・・いまここで 話したことは
(再び 「まあまあ」のポーズをしながら)
息子には 内緒にしといてください」

「戦争が終わったと思ったら・・・アメリカが来やがって
女の人をさあ (たびたまの腕をとって)
こんなこと しやがってよう・・・
XXXが 立川の基地で働いてたんだよ・・・
そしたら 色の白~い 日本人の 女の人がさあ・・・
黒人といっしょによ 歩いてやがってよ・・・まったくさあ」

そう いいながら 彼は とても切なそうな顔をしました



実際には XXX(聞き取れない)部分が
もっと ずーっと 多かったのですが
輝かしかるべき青春を 戦争に台無しにされた
恐らくパパと同じくらいの この年代の人々の
悔しさとか いまだにやりきれない思いとか
かなわなかった夢とか 恋とかの記憶を
ほんの少し 垣間見たような気がしました


わたしは ぜんぜん 嫌がらないから(笑)
また 話を聞かせてくださいね

コメント

[C92]

こんばんは。
この方の気持ち なんとなくわかります。
私の父も戦争体験者ですが 終戦記念日とか子供や孫が実家に集まった時は 戦争の話をしてくれます。

話す事で若い頃にした苦労を家族にわかってもらいたい  という気持ちがあるようです。
きっと この方も同じなんでしょうね。


でも、黙って聞いてあげられるたびたまさん さすがです
  • 2009-01-20 21:56
  • あじさい
  • URL
  • 編集

[C94] あじさいさんへ

お父さまが 戦争体験を話してくださるのですね
それは お子さんやお孫さんにとって 貴重な体験ですね
いまのうちに ぜひ たくさんお話を伺っておいて
いただきたいと思います
(ご近所だったら たびたまも伺いに行きたいです!)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/188-a25150f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。