Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/136-75fbb807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分の頭と 力だけで

自分の頭と 力だけで
なしとげたことなんか 何ひとつ なかった
そもそもの最初から 準備していただいた 男親と女親
生まれ落ちて 生き延びることを 許してくれた環境
自分でつくることも 上手に使いこなすこともできないのに
使わせていただいている よくできた身体

分けていただいた 求めなかった思いやり
気づかせていただいた 見るつもりのなかった風景
教えていただいた 知りたいと思わなかった真実

何もかもすべて
自分より はるかに 大きな大きな
無限の愛と叡知が
無償で プレゼントしてくれたもの



どうしたことか この数か月
これまで 自分の歩んできた道が
ものすごく よく見えるのです

あの出来事に いったいどんな意味があったのか
どうして あの人と
出会わなければいけなかったのか
どうして あんな辛[つら]い思いを
しなければいけなかったのか

「あの人にさえ 出会わなければ・・・」
などと 過去には 後悔していたことの
本当の意味が
いま はっきりと わかるのです

あの人や・・・ あの人や・・・ あの人こそが・・・
自分が成長するための テスト問題を出題する
その役目を 担ってくれた人だったのだと

そして 「あの人にさえ 出会わなければ・・・」
と 後悔することになった その 原因は
他のだれでもない 自分自身が そのテストを
しっかりと受け止めて 乗り越えなかったからなのだと

決して 明るい 楽しい旅では ありませんでした
悲しかったこと 悔しかったこと 屈辱的な体験
いま思い出しても 怒りが湧き上がってくる思い出
自己嫌悪の日々

でも そんな経験の どれ一つとして
わたしを陥れ 不幸にするために
用意されたものではなかった

すべてが わたしのために 特別に準備された
オーダーメイドの プレゼントでした

とても大きな 輪の中で
わたしたちは 生きているのです

何もかも みんな ありがとう

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/136-75fbb807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。