Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/105-0c19ecbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あたし けさ 塩さばのおかずだったんです








偕成[かいせい]社の
「少女世界文学全集」に 収められていた
ウィギンの 「少女レベッカ」(城夏子訳)
(原題 Rebecca of Sunnybrook Farm) は
小学生のころ 大好きで
何十回も 読み返した 本ですが
この本の中に ちょっと 面白い場面が あります


主人公の少女レベッカが 学校で 授業中に
あんまり 何度も何度も 水を飲みに立つので

「あなたはどうしたんです。水ばかり飲みにたって。
勉強したくないんですね」


と 先生に 言われて

「いいえ先生、あたし 今朝 塩さばのおかずだったんです。
とっても塩っからかったもんですから・・・」


と 答えるのです


このとき レベッカのことが好きな
シーソー・シンプソンという 男の子が
(レベッカは この子のことが大嫌いなんだけど)
レベッカが 水を飲みに立つたびに

「先生、ぼくも水が飲みたいです」

と 真似をするものだから
ほかの生徒たちに 示しがつかない と考えた先生から

「レベッカ。五分間その水おけのそばにたっていなさい。
そうすればいくらでも、水が飲めるでしょう」


と 言われ 大嫌いなシーソーといっしょに立たされる という
屈辱[くつじょく]的な事態に発展し
たびたまも 大いに レベッカに同情して
憤怒[ふんぬ]にうちふるえた ものでしたが

そのことととは べつに

「あたし 今朝 塩さばのおかずだったんです」

という レベッカのひとことが
たびたまには 非常に 衝撃的でした


「へえっ 外国でも 塩さば 食べると!?
ごはんに 塩さばなら おいしかばってん
トーストに ジャムに 塩さばのおかずって
そりゃぁ 合わんど~!」
と (何しろ 欧米の食生活に 関しては
非常に 限られたイメージしか 持ちませんでしたから)
ものすごく 奇異な印象を 受けたものでした


そのことが ずーっと 頭に あって
大人になってから
あれはたしか 林望さんの 本だったと 思うのですが
イギリス人も 塩さばに似たようなものを食する
というようなことを 読んだことがあって
(もっとも ウィギン女史は アメリカ人なんですけど 笑)

以来 デパートの地下食品売り場へ いくたびに
輸入食材のコーナーを 気をつけて 見ていたら
ついに 今から5年くらい前の ある日
Smoked mackerel (鯖[さば]の燻製[くんせい])
なるものを 発見し

「おおっ レベッカの言ってた 塩鯖[さば]は
きっと これに違いないよ!」 と 大興奮
(・・・した割には ちんみりと)1枚だけ 買って帰ったのでした
(だって 舶来モノは 高いんだもん)

で その スモークト・マッケレルを食べた 感想は?

えーと
まぁ 「鯖[さば]の燻製[くんせい]」 みたいな 味がしました
・・・当たり前(笑)

でも どうなんでしょう やっぱり レベッカが 食べたのは
この 鯖[さば]の燻製[くんせい] なのでしょうか

わたしはレベッカが食べた「塩さば」の正体を知っている
という方は ぜひ コメント欄に ご一報ください(^ ^)

↑これについては のちに

「レベッカの塩鯖は、ほんまもんの塩鯖
つまり かなり塩が効いていて、、、保存用に近い鯖。
相当塩辛い。
お水ガブ飲みせざるを得ない。」


という情報を
ウルフのスナフさんからいただきました
感謝(^人^)



あっ ちなみに たびたまの場合
塩さばは 晩のおかずです(^ ^)

しっぽの方が 好きです♪

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabitama2009.blog67.fc2.com/tb.php/105-0c19ecbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。